アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみのある湿疹ができ、それが良くなったり悪くなったり繰り返す皮膚病です。

この病気になる人の特徴として、皮膚が乾燥しやすいドライスキンで、アレルギー体質であることが多いとされます。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状は下記の通りです。

1:皮膚がかさかさとして皮膚が乾燥し水分が少ないた状態。

2:かさかさした皮膚の破片が落ちる。

3:皮膚に赤い腫れができる。

4:皮膚にぶつぶつした盛り上がりができる。

5:強いかゆみを伴うしこりができる。

6:掻き壊したあとにかさぶたができる。

7:みずぶくれができる。

8:皮膚がじくじくとただれた状態になる。

アトピー性皮膚炎の経過と患者数

日本人の20歳以下の人口の10%がアトピー性皮膚炎であるようです。

アトピー性皮膚炎の原因

アレルギー反応を起こしている人が家族にいたり、何らかのアレルギーを持っている場合はアトピーにかかる可能性があるとされます。

人間には外部から体内へ侵入する異物や病原体を排除する仕組みですが、無害なものに反応したりや排除する反応が過剰に反応する事をアレルギーと言います。

このアレルギー反応を起こす異物を抗原、又はアレルゲンと呼びます。

アトピーはこのアレルギー反応が肌に出た場合を指し、異物(抗原:アレルゲン)に対して反応する抗体(免疫グロブリンE:IgEというタンパク質)を作って排除使用とする反応が過剰に出ている状態なのです。

もともとドライスキンと言うバリや機能が低下している状態の人が、このアレルギー体質を持っている場合にアトピーを発症することが多いのです。

アレルギーを抑える注目成分

アレルギーと免疫の関係は上述しましたが、免疫を担う人体最大の器官は腸なのです。

アレルギーは免疫器官の過剰な反応が原因ですが、このアレルギーの原因は免疫細胞であるTH1とTh2のバランスが崩れた時に発症する事が最近の研究でわかりました。

実は腸内細菌のある働きがこのアレルギーの原因である免疫細胞のバランスを元に戻す事がわかってきています。

乳酸菌やビフィズス菌などいわゆる善玉菌と呼ばれる人体に有益な腸内細菌が腸内で産生する有機酸が、この免疫細胞であるTH1とTH2のバランスを調整しアレルギーの抑制に有益であることがわかりました。

ただ、これら善玉菌が腸内で有機酸を産生する必要があるので、腸まで届く強い有胞子乳酸菌、植物性乳酸き、ビフィズス菌などの強い乳酸菌を含む食べ物を選ばないといけません。

zendamaranking