女医

細菌には、人間に良い影響を与える菌と悪い影響を与える菌が存在します。

まず、人間にとって良い菌の代表的な存在と言えば、ビフィズス菌、納豆菌などが有名で、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

それぞれヨーグルトや納豆に含まれている菌です。菌とはいえ、すべてが悪性のものというわけではありません。ビフィズス菌には腸内の弱酸性を保って整腸作用が期待できます。

一方、納豆菌は酵素を生み出し、消化を良くしてくれます。下痢や便秘などお腹の調子が悪いという方に大変効果的な菌といえるでしょう。

逆に人間にとって悪影響を与える菌も存在します。

有名なところではピロリ菌が挙げられます。

ピロリ菌は胃の粘膜に現れ、胃炎など引き起こしてしまう怖い細菌です。

ピロリ菌は生水や食事によって感染する可能性があると指摘されていますが、衛生管理の整った現代社会では、そのようなケースは非常に少なくなっていますが、日本以外の整備が行き届いていない環境で食事や水道水を飲むと感染してしまうというケースもあります。

また元々人間の体に常に存在する菌というのも存在します。有名なところでは大腸菌やブドウ球菌です。

大腸菌は腸に微量だけ常に体にあるので、それだけでは体に影響はないのですが、腸以外の臓器に侵入してしまうと重篤な病気を招いてしまう可能性もあります。

通常は便と一緒に大腸菌も排出されるので、体内に溜まりすぎるということはありません。

そして、もう一つ体内に共生している菌がブドウ球菌です。

この菌も常に体の中に存在していて、決して悪い菌ではありません。

ブドウ球菌には病原体を抑制する効果もあるので、むしろ常に体の中になくてはならない存在です。

ただし、ブドウ球菌自体は人体に悪影響を及ぼしませんが、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌の場合は食中毒などが影響で発症され、感染症を引き起こしてしまう可能性があります。

このように人間にとって良い菌、悪い菌、そして共生している菌など様々な菌が存在します。

細菌を利用して健康に役立てると言う方法をプロバイオティクスと言いますが、長い事人類の細菌に対するアプローチはアンチバイオティクスと呼ばれる細菌を人間の環境から排除させる方法がとられてきました。

アンチバイオティクスとは、抗菌、殺菌、滅菌など病検体を体内や体外で排除することを指します。

ですので、病院へ行き感染症と診断されると大抵は抗生物質呼ばれる薬が処方されます。

微生物が産生する化学物資である抗生物質には細菌の活動を抑制する作用があり、風邪などを引いた時に処方されるので多くの方が摂取したことがあることかと思います。

しかし、抗生物質は細菌にしか効果を発揮しないのに、ウィルスが原因である風邪に処方されるのはおかしいと思うかもしれません。

これは、抗生物質は風邪の病原体には効果を発揮しませんが、風邪をひいたことで免疫力が低下する事により細菌による感染症を防ぐためにという理由なのかもしれません。

健康な人間には免疫力が正常に機能するので、細菌による感染は抑えられていますが、なんらかの病気になると人間の体力が低下するので免疫力も低下します。

おそらくは風邪の時に抗生物質が処方されるのは、その他の細菌性の感染症にかからないようにという予防の意味があるのでしょう。

ただ、この抗生物質の乱用が逆に人間の免疫力を低下させる可能性があります。

人間の腸内には腸内細菌と呼ばれる人間と共生する細菌が住んでおり、人間の健康を維持する働きをしています。

腸内細菌の働きは、多岐にわたりますが免疫力に関係している事が最近の研究で明らかにされてきました。

抗生物質は、有害な病原体を排除する働きをしますが、これら腸内細菌を死滅させることから免疫の調整作用をしている腸内細菌のバランスが大きく崩れる可能性があるのです。

また、抗生物質を生き残った病原菌に抗生物質が効かなくなる耐性菌の出現も問題となっているので、本当に必要な時以外の使用は控えた方が良いと言うのが現在の主流です。

zendamaranking