日本で花粉症は最もポピュラーな症状で、日本人全体の25%は花粉症で苦しんでいます。

花粉症は杉やヒノキなどの樹木の花粉を吸う事で、くしゃみが止まらなくなったり、鼻水がとまらなくなってりする症状が出る状態を言います。

花粉は季節によって出る時期が決まっているので、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

このアレルギーの原因となる物質のことをアレルゲンと言います。

花粉症はこのアレルゲンが花粉なので花粉の飛ぶ季節にだけ起こる症状であることが他のアレルギー症状とは違います。

日本では、アレルゲンとして特定されているのは約60種類の植物が花粉症を引き起こすと考えられています。

主なアレルゲンとされる植物

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバ

花粉症の症状

くしゃみが止まらなくなる。

鼻水がとまらなくなる。

目のかゆみ、涙が止まらない、目が充血する。

のどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱などの症状が人によっては発症します。

現れることがあります。

花粉症発生の仕組み

花粉症はいったいどのようなメカニズムで発症するのでしょうか?

順を追って花粉症発症のメカニズムについて解説致します。

人間には免疫と言う防御機能が備わっており日々体の外から異物や病原体が入るとそれを排除する働きをします。

ただ、免疫には有害なものと無害なものを分別する機能があり通常は無害である花粉には反応しません。

花粉症とは、なんらかの原因で免疫の分別機能に問題が生じ、無害ある花粉に免疫反応を起こし排除しようとすることから出てしまう症状なのです。

それでは、順を追ってみてみましょう。

花粉が体内に入ると免疫が排除しようと判断し、これを排除しようと抗体と呼ばれる外敵を攻撃する物質が生産されとこの物質をIgE抗体と呼びます。

抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合し肥満細胞から化学物質が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとくしゃみ、鼻水・涙、鼻づまりなど異物から防御する反応が出るのです。

そして、この免疫の誤作動の原因として考えられるのが免疫細胞であるTh1細胞とTh2細胞のバランスであると考えられています。

具体的なメカニズムとしては、アレルギー反応を促すTh2細胞と、アレルギー反応を抑えるTh1細胞のバランスが崩れることで、免疫の過剰反応を起こすというのが原因となります。

乳酸菌やビフィズス菌が花粉症を改善させる仕組み

乳酸菌やビフィズス菌が難消化性の成分を代謝した時に産生される有機酸が、Th1細胞とTh2細胞のバランスを改善し、結果として花粉症が改善されるというのが花粉症改善のメカニズムです。

zendamaranking