チーズ

乳酸菌を含む食べ物 発酵食品の歴史

乳酸菌を多く含む食べ物と言えばヨーグルト、チーズ、牛乳などの乳製品から作られていると考えがちですが、それ以外にも発酵食品の物にも多く、乳酸菌を含んでいます。

例えばぬか漬け、キムチ、ピクルス、サワークラウト、メンマ、味噌、醤油などが挙げられます。

このように日本や韓国などアジアを中心とした地域で昔から親しまれているような食品に乳酸菌を含む発酵食品が数多くあるということがわかります。

発酵食品の中で、日本で今でもスタンダードな存在として知られている味噌や醤油は平安時代から流通するようになったといわれています。

発酵食品自体はさらに古く、8000年以上も前からあると言われていますが、乳酸菌を含んだミルクなどの発酵は4000年から6000年前程度と言われています。

日本で今や欠かせない発酵食品といえば、醤油が挙げられます。

醤油は中国から伝わっていたと「醤」と呼ばれる原料をヒントに醤油が出来上がったといわれています。

醤油はもともとお米や大豆などを使用した穀醤として、登場してそれが形を変えて今の醤油になっています。

そして醤油が日本全国に浸透する前は、まずはじめに大阪で醤油の製法が発展したといわれています。

その後、関東に伝わったという影響もあり、関西と関東で醤油の濃さが違うというのも、そのような歴史があるからと考えられています。

醤油が関西から関東へ行き渡ったのが江戸時代に入ってからと言われています。

発酵食品である醤油は100年以上の歴史があるということが分かっています。

また、もう一つ有名な歴史のある発酵食品としては味噌が挙げられます。

味噌は平安時代から存在していて、日本人が今でも愛してやまない味噌汁は鎌倉時代から存在したといわれています。

醤油よりもさらに歴史が古いと考えられていて、戦国時代には武将がすでに、味噌を持ち歩いていることが確認されていて、重要な栄養素として取り入れられていたことがわかります。

このように発酵食品は昔から人々の生活の中に存在していたということになりますね。

zendamaranking

関連記事

乳酸菌飲料

普段、乳酸菌を多量に摂取できる食品に、はっ酵乳と乳酸菌飲料があります。 乳酸菌の効果に対する認知が広がり、様々な乳酸菌飲料が販売されています。 はっ酵乳と乳酸菌飲料は、厚生労働省の乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳・・・

ヨーグルト

ヨーグルトの定義は、乳及び乳酸菌を原料とし、ブルガリア菌とサーモフィルス菌が大量に存在し、その発酵作用で作られた物とWHOによって1977年に制定されています。 つまり、動物の乳に乳酸菌を加え発酵させた食品が、ヨーグルト・・・