お腹の痛い男

腸の長さは5~6mにも達しその表面積は、テニスコース1面分にもなりこの広大な面積で食べ物を分解消化して、吸収と排泄をします。

回腸の部分は小腸と大腸に大別され栄養成分の9割は小腸で吸収され、内容物を排泄のための準備は大腸でします。

また、腸は栄養の吸収だけではなく実は人間の免疫を担う器官で免疫細胞の多くが腸管に集中しているのをご存じでしょうか?

腸は第二の脳とも呼ばれる程、多様な働きをしており有益と判断したものは吸収し、有害と判断したものは排除したり、様々なホルモンを分泌したりします。

腸内には人間と共存している腸内細菌と呼ばれる細菌が存在し、腸の免疫器官や免疫細胞と密接な関係があります。

腸内細菌の種類にも人間の健康に資する細菌が善玉菌、有害な細菌を悪玉菌と呼びますがこの善玉菌の産生する成分が腸の免疫を刺激し活性化させるのです。

腸感染症

病原菌が腸内に入り感染症を引き起こし発熱や下痢、腹痛、血便などの症状が出る病気です。

口や鼻などの粘膜から侵入した細菌が胃酸で死なずに腸内まで辿りつき、腸で炎症を起こします。

善玉菌は腸内を酸性にするためこれら悪さをする悪玉菌を排除する働きがあります。

過敏性腸症候群

ストレスなどで腸が過敏になり機能異常を起こす病気です。

腹痛や腹部の違和感があり、便秘や下痢などを繰り返します。

善玉菌が出す有機酸が腸の働きに好影響を与えるので善玉菌優位の状態に保つことが大切です。

便秘

便秘には様々な原因があるため一概には言えませんが、多くが腸の活力が弱まり便が滞留する事が原因です。

善玉菌が産生する乳酸や酢酸は腸を活発にするとともに、便を腐敗させ有害物質を産生する悪玉菌を抑制する働きがあります。

善玉菌を優勢にする食事を心がける

肉中心の高脂肪な食事を摂り過ぎるなどタンパク質や脂質が多い食事は悪玉菌を増やす原因となります。

反対に、ヨーグルトなどの発酵食品は乳酸菌を多く含む食品は腸を善玉菌優勢の状態にしてこれら腸の不調を防ぎます。

zendamaranking